« マスターリーグ | トップページ | BIG »

2006/11/22

遅ればせながら・・・

先日、ポスティングシステムにてメジャー行きが決定的となった、松坂投手について。

僕は、彼が野球の母国で活躍する確立は極めて高いと思う。
高卒でありながら完成形に近い状態でプロの道に進み、
大きな怪我もなく順調に成長してきた。まだ26歳。
スポーツ選手としての全盛期はこれから。

日本野球の、特に投手に対する米国の評価は非常に高い。
戦力外とされた桑田ですら、働ける場所を見つけることは
できるだろうと僕は思う。

メジャーリーグと日本プロ野球の決定的な差とは何か?
ズバリ、パワーである。日本の長距離打者は米国では
中距離打者へと成り下がり、バットコントロールに長けていない
強打者は、早々と帰国の憂き目に会う。

米国で成功している日本人野手の特徴とは?
1.バットコントロールの巧さ
2.俊敏さ
3.安定した守備力

特に、3.の守備力に関しては、日本選手の右に出るものはいない。
これは、高校野球という日本独自の文化によるところが大きい。
安定した守備力とは、選手の守備練習量に比例する。
高校時代に尋常ではない練習量をこなす日本野球の産物である。

さて、話を投手に戻そう。

野手に比べ、投手には「パワーの差」はそれほど問題にはならない。
少年時代から「投手は下半身が大事」という考えの下で育てられた日本人投手は、総じて足腰が強い。近年ではいい意味で先端的な体のケアやトレーニング方法も取り入れられている名門校では、昔のように
「壊れる」ことも少なくなってきた。

僕は、松坂大輔は近代日本野球界の「傑作」であると思っている。
身体能力が高い高校生投手は他にもいた。
しかし、彼は完成度の高さも兼ね備えていた。
甲子園では、圧倒的な存在感と活躍で、春・夏連覇を果たした。

完成度の高い高校生投手といえば、過去には桑田真澄、最近ではハンカチ王子こと斎藤祐樹が思い当たるが、やはりスケールの大きさでは松坂にはかなわないと僕は思う。

プロ野球生活で精神面の成長も見せた松坂が、彼の地で更なる進化を遂げることを期待したい。

メジャーリーグの球団が、ローテーションで複数年、安定した力を発揮できる投手を育てるには、相当の金額が必要なのだという。
であれば、計算ができる投手を手に入れるために相応の金額を使うのは道理である。
また、2年前に王者となったとはいえ、ここ数年後塵を拝し続けている同地区のライバル球団が狙っている投手ならなおさらである。
彼を敵にしなかったことだけでも、効果があったと考えられる。


そうはいっても、ボストンが出した金額は・・・・・
クレイジーである。。。

|

« マスターリーグ | トップページ | BIG »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/177577/4277528

この記事へのトラックバック一覧です: 遅ればせながら・・・:

« マスターリーグ | トップページ | BIG »